会社案内

お客様本位の業務運営を実現するための方針

お客様本位の業務運営を実現するための方針

 三木証券は「お客様満足度を高める」ために、お客様の声に耳を傾けてニーズに合った商品・サービスを提供し、お客様の資産形成のお役に立てるよう全社員が努めてまいります。

お客様の最善の利益の追求

 誠実・公正の職業倫理を持ち、お客様にとって最善の商品・サービスをアドバイスさせていただきます。

※当社の「倫理コード」はこちらをご覧ください。

利益相反の適切な管理

 最大の利益相反は、お客様にとって必要のない売買と考えております。お客様の利益を不当に害する取引とならないよう努めてまいります。

※当社の「利益相反管理方針」はこちらをご覧ください。

手数料の明確化

 取次事務や商品・売買タイミング情報等の対価として、お客様から手数料または手数料相当額をいただいております。商品を販売する際にお渡しする契約締結前交付書面、目論見書でご確認いただけます。また、手数料相当額については、担当者からご説明いたします。

※当社の手数料およびリスクについての重要な注意事項はこちらをご覧ください。
国内株式 海外株式 投資信託 国債 外債

重要な情報の分かりやすい提供

 推奨等を行う商品・サービスに関する情報を出来る限り明確にお伝えし、誤解を招くことのないよう努めてまいります。

 当社は、お客様の投資判断に必要かつ重要な情報については、より分かりやすくご説明するよう努め、資料やホームページ等につきましても工夫いたします。

お客様にふさわしいサービスの提供

 お客様のお考えや状況を詳細にお聞きし、お客様の立場に立って、商品・サービスを提案させていただきます。

 当社は、お客様よりお預りしております有価証券等に関して、適宜かつ適切に状況報告を行うとともに、アフターフォローを行い、必要に応じて見直し等のご提案をさせていただきます。

 また、お客様向けのセミナーや勉強会を開催し、投資判断となる様々な情報提供に努めてまいります。

※当社の「投資勧誘方針」はこちらをご覧ください。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

 「お客様の最善の利益」が社員のモチベーションとなる報酬・評価体系の構築を一段とすすめ、お客様満足度を高めるよう動機づけてまいります。

 当社は、研修や勉強会等を通じ、商品や投資環境に関する従業員の知識およびスキルアップを図ることにより、プロフェッショナルとしての専門性を高めてまいります。

お客様本位の業務運営を実現するための取組状況について

当社ではお客様のニーズに対応すべく、商品ラインナップの拡充に努めております。又、お客様向け投資セミナーの開催など積極的に取り組んでおります。この3年間で投資信託販売額ランキングは大きく変化しております。

自主的KPI

社内勉強会/お客様セミナー実施状況

2016年4月~2017年3月
社内勉強会お客様セミナー
(外部講師)
投資信託25回
国内外株式6回
2017年4月~2018年3月
社内勉強会お客様セミナー
(外部講師)
投資信託27回18回
国内外株式35回6回
2018年4月~2019年3月
社内勉強会お客様セミナー
(外部講師)
投資信託17回16回
国内外株式13回6回

KPI

投資信託の販売額上位10銘柄の推移

2016年4月~2017年3月(販売額上位)
NOファンド名分配金
1新光J-REITオープン毎月
2新光US-REITオープン毎月
3ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジなし)
4ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジあり)
53つの財布米国銀行株式ファンド毎月
6高利回り社債オープン毎月
7メキシコ債券オープン毎月
8アジア好利回リートファンド毎月
93つ財布欧州銀行株式ファンド毎月
10企業価値成長小型株ファンド

毎月分配/その他(販売額)

買付比率

投資信託の販売額上位10銘柄の推移

2017年4月~2018年3月(販売額上位)
NOファンド名分配金
1ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジあり)
2ニッセイグローバル好配当株式プラス毎月
3ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジなし)
43つの財布米国銀行株式ファンド毎月
5AI(人工知能)活用型世界株ファンド
6新光J-REITオープン毎月
7ニッセイJPX日経400アクティブファンド
8アジア好利回リートファンド毎月
9高利回り社債オープン毎月
10新光US-REITオープン毎月

毎月分配/その他(販売額)

買付比率

投資信託の販売額上位10銘柄の推移

2018年4月~2019年3月(販売額上位)
NOファンド名分配金
1ニッセイグローバル好配当株式プラス毎月
2ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジあり)
3ベトナム成長株インカムファンド
4ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジなし)
5次世代モビリティオープン(為替ヘッジあり)
6企業価値成長小型株ファンド
7ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(年2・為替ヘッジあり)
8次世代モビリティオープン(為替ヘッジなし)
9ニッセイJPX日経400アクティブファンド
10新光J-REITオープン毎月

毎月分配/その他(販売額)

買付比率

投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI

金融庁より平成30年6月に公表された「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」について、2019年3月末時点の実績を以下の通り公表いたします。

投資信託の運用損益別顧客比率

2019年3月末時点の運用益(トータルリターン)は、59.9%のお客様がプラスとなっております。

※投資信託については、2011年4月以降、三木証券で買付された銘柄が対象となっております。

投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン/リスク・リターン

投資信託預り残高上位20銘柄の一覧

2019年03月末時点

No銘柄名コストリスクリターン
1ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)2.1314.524.23
2新光J-REITオープン1.138.668.42
3新光US-REITオープン(ゼウス)2.0815.308.98
4グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)1.676.341.49
5アジア好利回りリート・ファンド2.2412.0010.62
6ニッセイJPX日経400アクティブファンド2.2016.029.51
7DIAM日本経済成長戦略ファンド(ニッポンのおもてなし)2.3514.737.08
8短期豪ドル債オープン(毎月分配型)1.409.61-1.94
9三井住友・ヨーロッパ国債ファンド1.357.750.10
10高利回り社債オープン(毎月分配型)2.4810.093.77
11グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(健次)3.0217.568.81
12DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>2.3020.250.16
13イーストスプリング・インド株式オープン2.5719.198.49
14DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)(世界家主倶楽部)2.2512.847.32
15新光ピュア・インド株式ファンド2.6918.339.84
16海外国債ファンド(3ヵ月決算型)1.467.321.23
17DIAM VIPフォーカス・ファンド(アジアン倶楽部)2.4814.493.10
18メキシコ債券オープン(毎月分配型)(アミーゴ)1.9914.66-3.12
19海外国債ファンド1.467.321.22
20グローバル3資産ファンド(ワンプレートランチ)2.169.442.88

設定後5年以上経過している投資信託※の残高上位20銘柄を対象とします。

※DC専用投信、ファンドラップ専用投信、ETF、上場REIT、公社債投信、私募投信、外貨建て投信は除きます。

  • 投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン

    残高加重平均値 コスト リターン
    1.88 5.90
    コスト 全体 販売手数料率の1/5+信託報酬率
    販売手数料率 取扱い時の最低販売金額での料率
    信託報酬率 実質的な信託報酬率の上限
    リターン 過去5年間のトータルリターン(年率換算)
  • 投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン

    残高加重平均値 リスク リターン
    12.48 5.90
    リスク 過去5年間の月次リターンの標準偏差(年率換算)
    リターン 過去5年間のトータルリターン(年率換算)

    リスク・リターン出所:株式会社NTTデータ・エービック
    Copyright (C) 2019, NTT DATA ABIC Co., Ltd. All rights reserved.

投資信託預り残高上位20銘柄の一覧

2018年03月末時点

No銘柄名コストリスクリターン
1新光J-REITオープン1.1312.983.52
2新光US-REITオープン(ゼウス)2.0814.996.41
3ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)2.1313.709.11
4アジア好利回りリート・ファンド2.2413.746.39
5グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)1.677.522.31
6短期豪ドル債オープン(毎月分配型)1.4010.23-1.64
7高利回り社債オープン(毎月分配型)2.4810.345.93
8グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(健次)3.0216.7113.71
9三井住友・ヨーロッパ国債ファンド1.358.633.49
10DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>2.3019.981.98
11メキシコ債券オープン(毎月分配型)(アミーゴ)1.9914.76-2.65
12イーストスプリング・インド株式オープン2.5722.2310.03
13新光ピュア・インド株式ファンド2.6922.5712.28
14DIAM VIPフォーカス・ファンド(アジアン倶楽部)2.4815.104.06
15DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)(世界家主倶楽部)2.2513.286.37
16海外国債ファンド(3ヵ月決算型)1.468.173.23
17海外国債ファンド1.468.173.22
18グローバル3資産ファンド(ワンプレートランチ)2.1610.134.04
19新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)1.7313.3410.38
20ジャパンニューエイジオープン2.1614.8413.40

設定後5年以上経過している投資信託※の残高上位20銘柄を対象とします。

※DC専用投信、ファンドラップ専用投信、ETF、上場REIT、公社債投信、私募投信、外貨建て投信は除きます。

  • 投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン

    残高加重平均値 コスト リターン
    1.84 5.71
    コスト 全体 販売手数料率の1/5+信託報酬率
    販売手数料率 取扱い時の最低販売金額での料率
    信託報酬率 実質的な信託報酬率の上限
    リターン 過去5年間のトータルリターン(年率換算)
  • 投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン

    残高加重平均値 リスク リターン
    13.40 5.71
    リスク 過去5年間の月次リターンの標準偏差(年率換算)
    リターン 過去5年間のトータルリターン(年率換算)

    リスク・リターン出所:株式会社NTTデータ・エービック
    Copyright (C) 2018, NTT DATA ABIC Co., Ltd. All rights reserved.